カードローンの最高限度額を調べよう

各カードローンによって最高限度額が異なります

カードローンの最高限度額を調べよう

カードローン借り換えには最高限度額の設定がない

カードローンを選ぶときは、融資限度額や金利で判断しますよね。
誰もが出来るだけ多く、低い金利で借りたいと思うものです。
もしも今利用しているカードローンよりもいい条件で借りられるカードローンがあったとしたら、あなたはどうしますか?
おすすめなのはカードローンの借り換えです。
しかし、借り換えをするなら、今現在借りているカードローンの借入金すべてを返済することができる最高限度額を実現できなければ全く意味がありません。
中途半端にしてしまうと、ただ借入件数を増やして自分の首を絞めることになってしまいます。
しかも今では借入限度額を年収の3分の1までとする総量規制という法律もありますから、ますます多額な借入が出来ない状況にあります。
そんな状況で本当に借り換えは可能なのでしょうか。
答えは「できる」です。
なぜでしょう。
それは借り換えに関しては総量規制の対象外であり、借り換えは基本的に借入件数は増えないことが前提で、完済するカードローンの返済額を上回らず、今現在問題なく返済が出来ているなら、借り換えのための借入はできると考えられるからです。
ですから、たとえ借入総額が年収の3分の1を超えていても借り換えはできますし、普段は借りられないような金額でも借り換えのためなら金融機関は貸し出しをしてくれるのです。
金融機関にとっても、自分の所で借りてくれれば、金利分の利益が得られるので積極的に借り換えは行うのです。
借り換えを行うなら、銀行で行われている借り換えローンやおまとめローンがおすすめです。
全ての借り入れを低金利の銀行系カードローンでまとめることで毎月の支払額がかなり下がることもあります。
このようにメリットがあるので積極的に借り換えは検討しましょう。

 |  | 

カードローンの最高限度額はどのように決まる?

カードローンはとても便利なものですから、利用されている方も多いのではないでしょうか。
しかしカードローンには最高限度額が決められていて、その最高限度額までしか借入を行うことができません。
ではこの最高限度額とはどのようにきまるのでしょうか。
カードローンを利用するにはまず申し込んで、金融会社の審査を受ける必要があります。
審査はそれぞれのカードローンによって基準が違い、かかる時間も変わってきます。
しかし、審査に影響するものは大体決まっています。
大きく影響してくるのは年収と、今までの利用実績です。
年収は特に総量規制と関係しています。
総量規制とは年収の3分の1以上の借入を制限する法律です。
どんなに年収が高い人でも3分の1以上の借入はできないのです。
ですから年収によって最高限度額は必然的に決まってきます。
年収が高ければそれだけ最高限度額が高くなる可能性があります。
もう一つ関係するのが利用実績ですが、これは今までの借入においてきちんと返済をしていたかということや、利用した回数などが関係してきます。
これにマイナスなポイントがなく、問題なく借りていた方は利用実績が高く、次の申込みで高い利用限度額が設定される可能性があります。
しかし、逆に返済に滞りがあったり、借入件数が多いなどマイナスポイントがあると最高限度額が少なくなるほか、最悪の場合審査に通らない可能性もあります。
ですから、日ごろの利用態度はしっかりしておくことが、最高限度額を上げるためのポイントです。
利用実績を上げておけば、契約の途中で限度額を上げて金利を下げることもできるので、利用実績を高めることには大きな意味があるのです。
注意しておきましょう。

カードローンの最高限度額と金利の関係

カードローンは非常に多くの方が利用されているはずです。なんといっても無担保である程度まとまったお金が利用できるというのは魅力的ですね。しかしいくら簡単にお金が借りられるサービスだとしても、借りたらきちんと返済しないといけません。返済の際は金利を加えて支払わなければなりませんが、この金利はカードローンの最高限度額と関係していることをご存じでしたか?ここでは最高限度額と金利の関係についてご紹介します。まず、カードローンの金利の表示は大体、「○○%~○○%」という表示になっていて、最高金利と最低金利しかはっきりわからなくなっています。基本的に最高金利は借入最低限度額に適用され、最低金利は借入最高限度額に適用されます。つまり、金利と限度額の間には反比例の関係が成り立ちます。「○○%~○○%」という表示の「~」の部分は限度額によって反比例して推移しているということになります。実際に限度額がいくらになるとどれくらいの金利が適用されるかは明示されていません。しかし、最高限度額に近ければ近いほど、金利が安くなるので、お得に借りられるということになります。ではどうやったら最高限度額に近くなるのでしょうか。それは審査でいい評価を得なければなりません。審査は年収や今までの借入実績によって判断されますが、過去に延滞があったり、初めて借りる場合などは借入実績がいいとは言えませんから、限度額も低く設定されてしまいます。逆に、延滞もなく、何度も借入をしている方は借入実績が高いと評価され、限度額が高く設定されます。また、最高限度額は契約の途中でも実績が高ければ、増額することが可能です。それによって金利も下がりますから、実績が高いと思う方は積極的に最高限度額の増額をするといいでしょう。

Copyright (C) 2013 カードローンの最高限度額を調べよう All Rights Reserved.

このページの先頭へ